正直何が変わったのか良くわからないけど、VMware Fusionがバージョンアップして6.0.0になったみたい。

VMware Fusion 6 は 最新の Mac 向けに最適化されており、OS X Mavericks や Windows 8.1 に対応します。これにより、Mac 上で Windows を快適に使用することができます

とのことだけど・・・。
OS X MavericksやWindows 8.1が出たらこの違いを実感できるようになるのかな。
あとは物理環境に迫るパフォーマンスを発揮するらしい・・・。
Haswellの機能も使えるように最適化されているらしいけど、残念ながら手持ちのMacはすべてHaswellではないのでこれは試せない。

Retina ディスプレイの最適化

Retina ディスプレイの最適化機能により、Windows アプリケーションがこれまでにない鮮明な画面で表示されます。

これは地味にうれしいかも。

接続性の拡張

Mac の接続性が Windows 環境にまで拡張され、USB 3 サポート1 を活用した高速ファイル転送が可能となります。また、Mac の Thunderbolt ポートまたは HDMI ポートを使用して SDXC カード リーダーを活用し、Windows で直接写真をインポートして表示したり、外部モニターや TV に表示することができます。 VMware Fusion 6 は、HD オーディオ 5.1 ch サラウンドのサウンド方式と Bluetooth 4.0 のワイヤレス テクノロジーをサポートしています。 (Windows 8 以降には USB 3 のサポートが必要です)

Macbookに何かつなげようとは思わないし、miniでFusionを立ち上げっぱなしにするのもなんか違うしなぁ・・・。

操作性に特化した設計

VMware Fusion 6 により、Mac 上で実行する Windows アプリケーションの操作性が向上します。 ユーザーの操作性の効率化と、PC の移行アシスタント機能の向上によって、仮想マシンのインストールがより容易になり、コンピューティング リソースをさらに細かく選択することができます。また、さまざまな機能拡張により、Mac 上で Windows を実行する際のユーザー環境がこれまで以上に向上しています。

MacはMac、WindowsはWindowsって別々に動いてくれた方が良いからあまり魅力は感じない。。

Pro版を購入すれば仮想ネットワークもいじれるみたいだからそっちにはちょっと興味ありかな。