iPhone5とiPad miniをiOS7にバージョンアップした。

インターネットに直接接続していないパソコン(Proxy経由でインターネット接続)でバージョンアップしたところ、-1エラーがでて正常にアップデートできなかったため、何度か試すって感じになっちゃったけど、無事完了。
LINEを起動してみるとトークに切替えたとたんに落ちるといった不具合があったけど、これはどうやら着せ替え機能を利用していたためらしい。
iPhoneの方はGM Seedがインストールされていたので、復元してみたんだけど、「iPhoneを探す」が有効になっていると復元できない仕様になったらしい。

こんなの、リカバリーモードにすればOKじゃんwww
と思い、実際に試してみると、あっさり復元はできたんだけど、初回起動時のアクティベート画面でこのiPhoneは「n****@******.*p」に紐付けられていましたみたいなメッセージがでて、Apple IDとパスワードを求められる仕様になっていた。

これなら落としてもそのまま使えないし、盗んでも復元できないし場所も特定されてしまう!って感じになってた。
盗難が多いみたいだからその対策なのかな。
なんて試してるうちにメールが来たりとか・・・。

○○○○様
おめでとうございます。iOS 7へのアップデートが完了しました。iCloudユーザの方は、アップグレードに含まれる「iPhoneを探す」の新機能がご利用になれます。万が一ご利用のデバイスを紛失したり、盗難されたりした場合でも、他人による無断使用や転売がより難しくなります。
iOS 7で「iPhoneを探す」が有効になると、以下の操作を実行する前に必ずApple ID(n****@******.*pとパスワードの入力が必要になります。
デバイスから「iPhoneを探す」をオフにする。
デバイスを消去する。
デバイスを再アクティベートして利用する。
必要なのは「iPhoneを探す」をオンにし、ご利用のApple IDとパスワードを覚えておくことだけです。詳細については「くお問い合わせいただく質問(FAQ)」をご覧ください。
注意:デバイスを譲渡する場合は、従来と同様に、必ず譲渡前にデバイスのコンテンツと設定を消去するようにしてください。これによってデバイスがご利用のアカウントから削除され、新しい所有者がデバイスをアクティベートできるようになります。詳細については記事「iPhone、iPad、または iPod touch を売却または譲渡する前に」をご覧ください。
iCloudチーム

もっと早く言ってくれれば良いのに・・・。