AppStoreからXcodeをダウンロードして起動。

起動したらXcode→Preferncesを開き、DownloadsのタブでCommand Line Toolsを選択、Installボタンを押下してmakeなどをダウンロードする。

その後はSoftEtherの公式ページからアーカイブをダウンロードして適当な場所に解凍し、解凍してできたフォルダでmakeすれば良い。

入力したのは赤文字の部分。

bash-3.2# make

—-snip—-

Do you want to read the License Agreement for this software ?
  1. Yes
  2. No

Please choose one of above number:
1

—-snip—-

Did you read and understand the License Agreement ?
(If you couldn’t read above text, Please read ‘ReadMeFirst_License.txt’ file with any text editor.)
1. Yes
  2. No

Please choose one of above number:
1

—-snip—-

Did you agree the License Agreement ?
1. Agree
2. Do Not Agree

Please choose one of above number:
1

—-snip—-

Checking ‘Kernel System’…
   Pass
Checking ‘Memory Operation System’…
   Pass
Checking ‘ANSI / Unicode string processing system’…
   Pass
Checking ‘File system’…
   Pass
Checking ‘Thread processing system’…
   Pass
Checking ‘Network system’…
   Pass

All checks passed. It is highly likely that SoftEther VPN Server / Bridge can operate normally on this system.

The command completed successfully.

——————————————————————–

The preparation of SoftEther VPN Server is completed !

—-snip—-

特に何も難しいところも無く、普通にコンパイルできた。
タブン、↑の青字の部分がpassなら機能的にも問題ないって事なんだと思う。
あとはvpnserverっていうコマンドを使ってサーバの起動、停止などができる。

起動する場合
bash-3.2# ./vpnserver start

停止する場合
bash-3.2# ./vpnserver stop

起動さえすればWindowsの管理ツールから設定できる。
もちろんCLIからの設定も可能。